日枝神社のお神輿は一対2座が祭られています。文化13年(1816)制作で、棟梁は谷口五平(与鹿の父)です。一対2座の建造については、かつて一座は往古に片野村が、一座は慶長年中に高山町氏子が奉納したという故事に由来して建造されました。

左のお神輿が第1座、右のお神輿が第2座です。いずれも高山市の重要文化財となっています。

現在一基はあ本社神輿蔵にあり、もう一基は中橋詰めのお旅所にあります。

祭器と御神宝

このページはまだ準備中のためしばらくお待ちください!